恋愛と笑いのある日々をめざして奮闘し、アメリカ人Dと2009年8月入籍、2010年2月出産。さらなる将来を模索中の30代♀。


by spiral103
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

がんばりどき?

どーしたらDの心をぐっと引き寄せられるか~? ・・・というのが、もっぱら最近の私の関心事である。

Dは、とても穏やかでフレンドリーな人だ。一方、私の元カレは、かなりストレートに言いたいことを言う人で、一見ケンカかと思われるような議論をすることに慣れていた私は、Dとつきあい始めの頃、あまりに優しいDに違和感を感じてしまい、意地悪なことを言ってしまうことがよくあった。

Dはいつも私に愛情を示してくれたけど、私はこの人のことが好きじゃないかも、と思っていた。

けれど、だんだんDのことを知るうちに親近感?愛情?が湧いてきた。そうすると今度は、Dの愛情が欲しくなった。でもその頃には、Dは積もり積もった私の言動に傷ついて、私に距離を置きはじめるようになっていた。

そんなことにも気づかないわたし。

そして10月のある週末。ちょっとしたことが原因で、私はDにメールを書いた。
Dは親友とは週に何回か会ってるのに、私とは週1くらいのペースでしか会っていないし、
いつもDが週末の予定を先に入れるので、私が自分の予定をDに合わせる形になってるし、
Dは旅行が好きだけど、私に一緒に行こうとは誘わないし、
だから、私はDのただの友達の一人みたいに感じる、と。

そうしたら、ものすごい長文メールが返ってきた。

つまり、「君の対立的な態度の理由や、君の感情や、僕の感情をじっくり考えてみた。長い目で見たら、きっと僕たちはうまく行かないだろう。それは君も感じているはず。それに僕は君のことは好きだけど、まだcommitする準備ができていない。本音を言えば、僕が君に恋していたら、もっとavairableでいようとしただろうけど、そうではない」 とのこと。

がーーーーん。


ショックだった。ものすごい自己嫌悪。

いい人なのに、いい人なのに、私が付け上がっていたから、失うはめになったんだ。覆水盆に帰らず。大泣き。

そのときは、ほんとにもうダメだと思った。でも、それだけのことを私がしてしまったんだと気づいて、観念した。

・・・・で、神妙に返事を書いた。今までの態度を謝り、そんな態度をとった理由や、Dのことが好きだけどDの言い分はよくわかったので、せめて友達でいたいetc...。(←だって、Dが「少なくとも友達でいよう」と書いてきたから)

そうしたら、なんとセカンド・チャンスが。

「本音を言ってくれてよかった。たぶん僕たちは関係を急ぎすぎたのかもしれない。だから君は自分をガードし、僕もcommunicativeじゃなかった」と。「君に恋してない、と書いたのは君を傷つけようと思ったからじゃなくて、もう少し君を知るまでは深入りしたくなかったから」「君にまだとても興味がある」って。

これをどう解釈するかは今後の課題だけど、とりあえず、デートを続けることになった。

その後、夕食を3回したけれど、これまではとても順調に行っていて、以前よりロマンチックな雰囲気ではある。

さて、これからどうしましょう。

f0114831_2221044.gif←ポチッと
[PR]
# by spiral103 | 2006-11-16 20:40 | Dと私

恋のゆくえ

今つきあっているDと私は、いったいどんな関係なんだろう。

7月にデートを始めたけど、8月の2週間と9月の丸1ヶ月間はDが旅行&帰省していたため、会っていない期間を除くと、まだ3ヶ月くらいの交際なんですが。

欧米の男女関係は、日本のそれとは違うとよく言われる。

「つきあってる」と言ってもいろいろで、最初にDatingの期間というのがあり、これはいわばお試しのお付き合いだから、他に同時にデート相手がいてもおかしくない状態。その次にExclusiveな期間があり、これは他には誰ともつきあわず、1対1のお付き合いをする段階。さらにCommitted なRelationship、つまり同棲したり、結婚を前提の真剣な関係を築く段階。

Dは、他につきあっている人はいない。これは断言できる。けど、私たちはまだCommittedな関係ではない。だって、毎週末ずっと一緒に過ごすわけじゃなし、むしろDは自分の予定優先だし、Dの親友に私の話はしているようだけど、まだ友達の誰にも紹介されてない。

もっと親密な関係になりたいなあ。実は今ががんばりどきだったりするのですが、その理由は次回に。

人気blogランキングへ
[PR]
# by spiral103 | 2006-11-15 23:37 | Dと私

国際恋愛のきっかけ

初めて海外旅行をしたのは、大学生のときだった。女友達とソウルへ行った。楽しかったけど、旅行が終わったら、旅行熱も冷めてそれっきり。

2度目の海外旅行は28才の冬。地方都市から東京へ転勤になり、仲良くなった会社の女友達とニューヨークへ。別にどこでもよかったけれど、どうせ行くならおもしろそうな街へ行こうってことで。その頃の私の英会話は「サンキュー」「ハロー」程度のおそまつさ。

ところがっ。ニューヨークは私を開眼させた。

いかにも旅行者の私が、歩いていると道を聞かれること数回。「私でもジモティーになれるのか?」「なんて自由で開かれた雰囲気なんだろう!」と驚くやら感動するやら。

だって、日本じゃありえないですから。日本人が外国人に道を尋ねるなんて。

それで「私も外国人とコミュニケーションが取れるようになりたい!」という情熱に突き動かされて(←熱しやすく冷めやすい)、英会話を習いはじめた。

その小さな英会話学校で、クリスと出会えたことに、今、本当に感謝している。

クリスはテクノ音楽好きで育ちの良さそうな好青年で、辛抱強い良い先生で、私を気に入ってくれた。私はクリスと仲良くなりたいために、仕事が終わって帰宅してからPCの前に4~5時間座り、やっとのことで15行程度の英文メールを書く日々を続けた。

あの数ヶ月で、私の英語は、初心者から初級者へと急速に上達したと思う。

英語だけでなく、音楽も、アメリカのpopカルチャーも、とにかくすべてが私には新鮮だった。

結局、クリスは半年くらいで国に帰ってしまったけれど、彼が私に与えた影響は計り知れない。クリスが真面目な外国人で、私はラッキーだったと思う。

その後、私の恋愛対象は、もっぱら外国人に向けられることになってしまったのだけれど。

f0114831_15471461.gif
[PR]
# by spiral103 | 2006-11-15 21:45 | 恋バナ

はじめまして

書くと、自分の思考がクリアになるので、日記代わりにブログでも始めようかな。

現在進行形の恋愛を長持ちさせ、好奇心旺盛に日々を楽しみながら過ごして行きたいな。
[PR]
# by spiral103 | 2006-11-15 20:23 | 日々雑感