恋愛と笑いのある日々をめざして奮闘し、アメリカ人Dと2009年8月入籍、2010年2月出産。さらなる将来を模索中の30代♀。


by spiral103
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ありえない発想

Dの足のサイズが30㎝というのは前にも書きましたが。

足がでかいということは、靴がでかいということで、玄関に靴が脱ぎっぱなしにしてあると、非常に場所をとるのです。

しかも、Dは片付けができない人。脱いだら脱ぎっぱなし。靴箱の存在を忘れているようです。

で、その日はたまたま、何かの荷物が玄関においてあり、私の靴が3足くらい出ていて、さらにDの靴が3足出ていたので、玄関は足の踏み場がない状態でした。そこへDが帰宅しました。

その後、しばらくして私が外へ出かけようと玄関へ行くと....

なんと、Dのスニーカーの上に、さっきまで履いていたDの革靴が乗っかっていました...!

普通、スペースがなかったら少しずつ脇に押しやるとか、なんとかして無理やり靴を床に置きませんか?靴の上に靴を重ねて乗せるのって....どーゆう発想?!

片付けるって発想はないんですね、まったく。(--;)

人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2008-10-18 17:43 | Dと私

恋愛は賭け

友人Mちゃんの恋愛相談にのってきました。

Mちゃんには、知り合って(つきあって)2ヶ月のアメリカ人の彼氏がいました。

関係はとっても順調に行っていることを、お互い確認していたとのことなので、真剣なおつき合いとまではいかなくても、単なるデートよりはもう少し進んだ関係だったと思われます。

彼には2歳の娘がいて、8年連れ添った日本人の奥さんと半年くらい前に別れたばかりでした。平日は彼が、週末は奥さんが娘の面倒をみているそうです。でも、ちょうどMちゃんとつきあい始めた頃には、彼のお父さんが来日していて娘の面倒を見てくれていたので、彼とMちゃんは普通の恋人のようにデートに出かけることができました。

でも、1ヶ月半くらいしてお父さんが帰国してしまうと、彼は再び娘の世話をしなければならなくなりました。平日の昼は会社の中の託児所に預かってもらい、土曜は朝に奥さんのところへ連れて行き、日曜の夕方に迎えに行くという生活です。

彼の気分は急に落ち込んでしまい、Mちゃんに別れを切り出しました。

「今は自分を見つめなおすのに精一杯で、Mちゃんに十分コミットメントできない。これからも何も約束はできないから、Mちゃんは自分の人生を一番に考えて欲しい」

何度か話し合ったけれど、彼の気持ちは今はどうにもならないみたいです。

奥さんと彼の間には、1歳そこそこの娘を抱えて離婚に踏み切る大きな出来事があり、それはたぶん奥さんに非があるらしいのですが(Mちゃんは教えてくれないかったので)、彼は奥さんのことはふっきれているようです。それに、娘の育児に悩んでいるのでもないそうです。むしろ、ずっと自分が面倒をみたいけれど、娘のためを思うと母親に合わせることも必要だからというわけで、毎週あわせているそう。

なんだか大変な彼。仕事も忙しいらしく。ちなみに、彼は日本語が話せず、Mちゃんは英語があまり得意ではない...。

Mちゃんは30代半ば、結婚して子供も産みたい派。でも、彼の娘をとってもかわいがっているし、娘にもなつかれているのです。

複雑な人と恋をしてしまったMちゃん。


彼の気持ちが落ち着くのを待つことと、Mちゃん自身もどうしたいのか時間をおいてみるのが良いのでは...と、ありきたりなアドバイスをしたけれど。

Move on! ...の方が良いような気もするなあ。彼に賭けるのはかなりのハイ・リスクだと思うけど...。
人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2008-10-06 21:00 | 恋バナ

アロハ~

ハワイ行ってきました。楽しかった!!

昔は、ハワイなんて日本人観光客ばっかりで全然魅力的に思えない~、なんて旅行ツウを気取っていましたが、実際に行ってみたらすご~く楽しかったんですよねえ。

ホテルの窓から見える海はやっぱりいいものですね~。朝、昼、夕方、夜とそれぞれ違う空と海の表情を眺めたり、波の音にボーっとしたり。
f0114831_834155.jpg

アクティビティも適度に盛り込みつつ(ハナウマ湾でシュノーケリングをしたり、カイルア・ビーチでブギー・ボードをしたり、ダイヤモンド・ヘッドに朝日を見に登ったり)、ショッピングも昼寝もご飯も楽しんで。
f0114831_8351892.jpg

f0114831_8354984.jpg

それから街を歩いて思ったのは、地元の人たちがフレンドリーでリラックスしているということです。

例えば、店のトイレに並んでいても、乳母車を押したおばあさんがやってくると、先にどうぞと譲ってあげたり。店員がいろいろ話しかけてくれたり。車が歩行者のために止まってくれたり。

観光地だから観光客に親切というのではなく、みんながカリカリしてなくてゆったりしている感じです。これだよ、これ、東京の生活にないものは!

毎日、毎日、コバルト・ブルーの晴天で、空気がカラッと澄んでいたら、そんな気分になるのかな?

チーズケーキ・ファクトリーでロコモコを食べてみました。さすがアメリカ、でかいです。隣のテーブルでは、体格のいい西洋人カップルが半分くらい料理を残していました。反対側の隣では、これまた西洋人カップルが、「もっと小さいのはないの?」と聞いていました。
f0114831_837590.jpg

そんな中、ほとんど完食した私と友人はすごい!店員にも、「Good job!」と褒められました。
友人なんて、さらにチーズケーキまで食べて。

あと、ショッピング天国ハワイの醍醐味は、コスメ、サプリメント等を物色することにあるのでは?と思いました。だって、怪しい商品が目白押し!!友人は、「リバイタラッシュ」というマツゲがぼうぼうに生えてくるというコスメをお買い上げ。←15,000円くらいする。あやし~!化学療法で体毛が抜けてしまった癌患者のために使われる薬を改良したものらしいのですが。そんなの使って副作用でたらどうするの~!

とか言ってる私も、サプリを数種類買ってしまいました。アメリカのサプリは日本のに比べて成分が強いので、なんかお得感がしてしまうのです。

あっというまの8日間でした。Dはその間、仕事と勉強の毎日だったようで、私がアロハシャツをあげたら相当喜んでいました。

あ~、また行きたいなあ。
人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2008-10-04 08:37 | 旅行