恋愛と笑いのある日々をめざして奮闘し、アメリカ人Dと2009年8月入籍、2010年2月出産。さらなる将来を模索中の30代♀。


by spiral103
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

洗練されていく男

先日、Dが入手したコーエン兄弟の最新作「ノーカントリー」を一緒に見ていたら、殺し屋の男がめちゃめちゃ不気味で、見た目もぞぞ~っとする感じで、も~途中でたまらなくなって観るのをやめてしまいました。話しかけられたらチビリそうなくらい!

ところが、この殺し屋を演じたハビエル・バルデムさん、アカデミー助演男優賞を取ってました。

で、授賞式の彼、めちゃめちゃカッコイイじゃないですかっ。さわやかだし!

人間てこんなに見た目変わるもんなんだ~、と感心してしまいました。ほんと。

それで思ったのは、男は多少ぶっさいくでも、オシャレのセンスがゼロでも、あとで手を入れれば何とでもなるんだということ。ずぼん短くても、オヤジみたいなジャンパー着てても、女の手一つで変身できるので、男を選ぶ際に、第一印象だけで却下したら損だよな~と思います。

あと、結婚してる男は、余裕が感じられて実物よりカッコよく見えるというのも、ありがちな事実。

だから、表面的な「今」の部分だけで判断しないで、素材をしっかり見て選ぶのが賢いと思うのです。男も生鮮食品も。

いや、それくらい衝撃的でした、ハビエルさん。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-26 22:59 | 恋バナ

同居の心構え

とうとう今度の週末に、Dがスーツケースに荷物をつめて、うちにやって来ます。

持ってくるのは、洋服とパソコンのみ。
「ギターとベースとキーボードも...いい?」
と上目遣いに聞いてきましたが、そんなのもちろん却下。私も一応アコースティック・ギター持ってるので、それで代用してもらうことに。

Dは楽器をあきらめたかわりに、「ゲームをする権利」を主張してきました。むむ、なかなか交渉うまいな、こやつ。で、私はDに「部屋の掃除をきちんとすること!」を要求しました。

あと確認したのは、「家事は50/50でやること」。「どんなに忙しくても毎日会話をすること」←これは私自身に言い聞かせるために。「不満があったら溜め込まずにちゃんと言うこと」←私はいつもすぐ文句言うのですが、Dが溜め込むタイプなので。

それから、今はダイニングから寝室へ続くドアは外してしまっているのですが、一応ケンカしたときとかプライベートなスペースの確保のために、カーテンをつけることにしました。光も遮断できるしね。

...とまあ、こんな感じでしょーか。他に何かMUSTなことはないかな...?

実際に同居が始まったら、またいろいろ書きたいと思います。それにしても、3月4月は、私の仕事が1年で一番忙しい時期なので、それが原因でDに八つ当たりしないかが一番心配。

人間として成長する試練のときになるかも~。ここは一つ、忍耐力を養ってがんばらねば~!

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-25 20:53 | Dと私

役者の素質あり?

外国人俳優による英語の演劇を見に行ってきました。

役者さんたちは、普段は別の仕事をしてるアマチュア?セミプロ?な人たちでしたが、すご~く演技が上手でした。ストーリーは、映画にもなった有名な原作を舞台化したものでした。

ミュージカルじゃなくて、小さな劇場でのいわゆる芝居を見るのは、すご~く久しぶりでした。昔はときどき、役者を目指してた友達のアングラ劇を観に行ったものですが、セリフの間違いとかあるのもご愛嬌でした。でも、今回の芝居は完成度がすごく高くてびっくり。

帰り道、Dに、
「今まで、芝居ってやったことある?」
と聞くと、得意げに、
「あるよ。しかも主役
だって。え~、Dに役者心があったなんて初耳。すごいじゃない!

けど、詳しく聞いてみると、小学生のときの話でした。黄金の指を持つ小人を演じたのだとか。作り物のでっかい黄金の人差し指を、自分の指にはめて舞台に出て行き、じゃ~ん、と見せるシーンがあって、そこでみんなの笑いを集めたらしい...。

あ、そうですか。そんなことだろうと思ったよ...。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-24 20:30 | Dと私

確率1/2

自転車で45分かけて、都内の温泉に行ってきました。

Dは温泉大好き人間で長風呂なので、待ち合わせ(出てくる時間)を約束するときに、いつもモメるのですが、今日は、
「1時間半もあれば十分でしょっ。そのあとでマッサージも受けようよ」
と、強引に時間を設定して別れました。←1時間半は最短記録です。Dは不服そうでしたが。

で、温泉のあとに極楽マッサージ=全身コース40分♪を受けたのですが.....。

マッサージ師にハズレました。(T_T)

私は小太りな若い男性、Dは小柄な年配女性にあたったのですが、始める前に女性が気を利かせて、
「お客さん(D)は大柄だから、担当するのも男の方がいいかしらね?交代しましょうか」
と聞いてくれたときに、素直にハイって言っとけばよかった~。

私を担当したその小太りな男は、まったく下手くそでした。ツボとか全然わかってなかった。なのに力だけは強くて、私が何度も、
「もう少し弱くしてください」
と言ったのに、一瞬弱くしてすぐにまた強くなっちゃって、痛い痛い。

やっぱりちゃんとした整体やカイロに行かなきゃダメだわ~、と思ってふと隣のDを見たら、今まで見たこともないくらい恍惚とした顔をして、あっちの世界に行っちゃってました。

おいっ。

終わったあとも、何度も何度もいかにその小さな女性の技がすごかったかを、私に自慢してました。ちぇ~っ。いいなあ。私なんて、マッサージ受けたの3年ぶりくらいだったのにぃ。期待してたのにぃ。

私は自分が肩こりが激しいからか、マッサージはかなり上手なので、プロなのに下手なのは許せん!て感じです。仕方ないので(?)、今度Dにマッサージしてもらいます。あんまり上手くないけど、しょうがない。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-24 19:46 | Dと私

ちょっと休息

今日は久しぶりに有給を取って、いろいろ雑用を済ませました。その帰りに、ぶらぶらとショッピングも。

化粧品売り場に平日行くのは危険です。空いてるので、店員に声をかけられたが最後、メイクを最初からしてもらったのはいいのですが、買おうと思ってたファンデだけでなく、下地やコンシーラーも購入させられました(T_T)。

洋服も、きれいな色の春物がいっぱいで、見てたらついつい手が伸びて...。レモン色のストールを購入。でも、家に帰ってタグを見てみたら、シルクじゃなくてアクリル製でした。失敗(T_T)。

それにしても平日の電車って、ウソのように空いてて素敵。

電車の中から、一生懸命働いているであろうDにメールをしたら、速攻で返事が返ってきました。あれ?
「注文したハンコが出来上がったので、銀行の口座を開設中だよ」
だって。給料振込み用の口座らしい。

初めてのハンコだそうで、でもただのイニシャルだそう。←つまんない。ちなみに、元カレはジェシーという名前だったのですが、「滋英士」という日本語でハンコを作ってました。

Dの新しい会社は、労働条件あんまり良くなさそうですが、前からやりたがってた業界の仕事だし、経験を積むためには良いのかも。

私は、帰宅してから3時間半もばく睡してしまいました。ああ、スッキリ♪

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-20 21:08 | Dと私

ゆるい生活

近所に、とってもオシャレなタイ・フレンチのレストランを発見し、Dと行ってきました。隠れ家的な雰囲気がいい感じで、味も良し。でも、コースを頼んだら量が多くて食べきれませんでした。

Dは、
「これ、持って帰ろう?」
というのですが、半分も手をつけた料理を持ち帰りにするのは、私はなんとなく頼みづらかったので、
「日本では、ドギー・バッグの習慣はないの」
と言い切ったところ、隣のテーブルの家族連れは、お持ち帰りを頼んでいました。あれ...。

「ね~?」
Dは、目ざとくそれを見つけていましたが、私にそれ以上何もいいませんでした。

Dは私がこうしたい、ああしたくない、というリクエストには、たいてい合わせてくれます。気難しいところが全くないのは、ありがたいなあと思います。

でも、たま~に子供みたいなときもあって、たとえば、最近寒いので寝るときに靴下を履いて寝ようとするクセがあって、私が見つけて脱がそうとすると、
「やめて。だめっ。だ~め~~っ!」
と、頑固に嫌がります。そこ、あんまりこだわるとこじゃないと思うのですが。

何事も、ゆるく行くのが楽でいいかも。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-17 18:35 | Dと私

和風バレンタイン

スーパーで、会社用に義理チョコ8個を買ったわたし。今年もバレンタインデーが週末にあたらなくて、とっても残念なんですけど~(だって、あげなくて良いもんね)。

ところで、欧米ではバレンタインデーに男が女に贈り物をするのが一般的だそうですが、日本に住む外国人はバレンタインデーを母国式にやるのか、日本式にやるのか、どっちのパターンが多いんでしょうね。

Dと私の場合、去年、私はひそかに期待をしていました。だって、ディナーを作るからって張り切っていたので、ひょっとしてプレゼントもあり?とか思って。

しかし、期待は見事に裏切られました。私は手作りチョコをあげたのですが、
「何も用意してないんだ。ごめんね」
だって。←ちゃっかり日本式なところが、在日5年の貫禄。

でも、3時間くらいかけてラグーソースを作ってくれたり、ちょっと高いワインを用意してくれたりと、ディナーはとても特別だったので、気持ちは十分伝わりました。ありがたいです。

さて、今年ですが、Dにとって新しい会社への初出勤の日なのと、私の残業が長くなりそうなのとで、14日には会えそうにありません。なので週末に持ち越し。私はひそかに、14日すぎてスーパーで安くなったチョコを使って、手作り生チョコでも作るかな~と考え中です。←せこいっ(^^;) あと、ドラリオンのチケットを取ったので、それをプレゼントにしよーかな。

なんかプレゼントあげるのって、やっぱり楽しいなあ。男からモノをもらうだけのバレンタインは、私には向いてないのかも。損な性格?

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-11 19:06 | Dと私
帰省しているDからメールが来ます。

「お父さんとオペラを見に行った」
おお、なかなか文化的な生活を送っているようです。

「お母さんの誕生日に家族みんなでインド料理を食べに行く予定」
ふむふむ、親孝行してますね。

「3日前にジムで運動した。まだ筋肉痛だよ」
ふうん、やっぱり運動不足だね最近。おなか、危険ですよ。

「これからは頑張って運動する。そのうち、six packで君に‘Wow!’と言わせるよ!」
....出た。ウソ八百。

だいたい、six pack(腹筋が鍛えられて6つに割れてる状態)なんて、絶対作れないっちゅーの。最近、私はDのことを「ジュゴン」と呼んでたくらいですから。(ジュゴンのぼてっとした腹がDにそっくりなので)

こういうふうに、物事を大げさに言うところが、いかにもアメリカ人だよな~(←偏見でゴメンナサイ)。なので、返事は次のようにしてみました。

「ワオ!すごいね!一度も見たことないものを見せてくれるんだ~。た・の・し・み♪」

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-10 23:02 | Dと私

4畳半の生活なんて

Dが帰省して丸2週間がたちました。

あと数日で戻ってくるので、それまでに1人でしかできないことをするぞ!っと思っていたけど、なんだかイマイチやりたいことがやれてない気がします。

フランス語とロシア語の映画をレンタルしてみたけど(Dと一緒に見れないから)、2つともハズレだったし。

約束した友達とは結局会えなかったし。

思いっきりダラダラしてるけど、それはDがいてもどうせ一緒にダラダラするので、1人でしかできないことじゃないから。

....そう考えると、案外1人でしかできないことってないんだな。
ミステリアスな女じゃなかったのね、ワタシ。


ところで、世の中の同棲カップルは、どうやって毎日一緒にいながら恋愛感情を持ち続けていられるのでしょうか?私の部屋は、2人の大人が一緒に暮らすには、ちょっと狭いので、狭い家で暮らすと、しなくてもいいケンカをすることになるんじゃないかと、不安なのです。

ケンカしても逃げる部屋がないのは、息がつまるだろうなあ。実際Dはショーンが滞在していた3ヶ月間、相当気が滅入っていたし(Dの部屋はワンルームなので、余計にストレスがたまったせいもあるけど)。私も、70年代の歌謡曲にあるような、小さな部屋で貧乏だけど愛する2人で幸せな生活を、というのは絶対ムリです。人間、スペースが必要ですっ。
東京に暮らしているかぎり、厳しい問題なんですよね~。トホホ。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-10 22:18 | Dと私

むくわれない恋

カナダ人とデートしているMちゃんが、うちに泊まりに来ました。彼との近況を聞くと....

うまく行ってないとのことでした。

クリスマス前に彼とご飯を食べに行って、そのときは和やかに楽しく過ごし、手編みのマフラーをプレゼントしたら、彼はびっくりしたけど喜んでくれたと言ってたのに。

クリスマス休暇で帰国した彼から年末にメールが来て、「きみのためにお土産を買ったよ」と言っていたのに。

年が明けて、そろそろ日本にもどっているかと思い、Mちゃんがメールしたら、

「今年で日本を去るかもしれない。だから、誰とも真剣につきあう気はないんだ」

って手のひらを返したかのようなメール。

Mちゃん、わけわからず。彼を問い詰めようと思ったけれど、ちょっとしばらく距離を置いてみようと思うとのことでした。Mちゃんいわく、
1 年が明けてからカナダで彼に何かが起こった。
2 日本に帰ってきてから、職場で何か嫌なことが起こった。
この、どちらかだと思うとのこと。

Mちゃんは、彼の、まるで2人の間に何事もなかったかのような態度に、とてもショックを受けてました。

う~~~ん。

こういうふうに、男の突然の言動が理解できないことって、私はほとんど経験したことがないので(私はいつも振られる予兆がしてから振られていたので、ある意味驚かなかった)、Mちゃんに何とアドバイスすればいいのか、よくわかりません。

でも、これは、恋愛における文化の違いからくる、例の誤解ってやつかもしれないな~と、ふと思いました。つまり、日本では何度かデートをすると、「つきあっている」=「彼氏、彼女」と考えることが多いし、「つきあいましょう」と言ってからデートを始める場合もあると思いますが、カナダでは何回かデートしたくらいでは、つきあっているとは考えないと思うんですね。

Mちゃんは、すっかり彼を恋人扱いしていますが、実際にデートしたのは5~6回。しかも、出会った最初の頃は毎週会っていたのが、だんだん彼の理由で会えなくなっていったところからして、ああ、なんか彼はMちゃんにあんまり夢中じゃないのかも、という印象をもっていたんですが。

かわいそうな事態になってしまいました。

Mちゃん、次、行こうよ、次。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-02-06 22:42 | 恋バナ