恋愛と笑いのある日々をめざして奮闘し、アメリカ人Dと2009年8月入籍、2010年2月出産。さらなる将来を模索中の30代♀。


by spiral103
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お試し期間

Dと話しあって、3月に「一ヶ月同棲トライアル」をすることになりました。

明日からDは3週間アメリカに帰省するのですが、戻ってきた翌日から新しい会社で働き始めるので、それが落ち着いた頃、つまり3月に一緒に暮らしてみよう、というわけです。

実は9月頃にもその話が出たのですが、Dが言い出したくせに、実は内心あまり乗り気ではなかったらしく、
「1ヶ月試して、うまく行かなかったら別れるっていうのは、ちょっとね。何も、期限をもうけなくても、ちょっとずつお互いを知っていく方がいいでしょ」
というわけで、週に3回くらいウチに泊まるということで合意したのですが...。

10月にショーンが来日して、当初Dのアパートに1週間滞在する予定だったのが、3ヶ月になってしまったので、Dはショーンをほったらかしにするわけにも行かず、結局私たちは週末だけ会うという形に戻っていたのでした。

でも、めでたく本日ショーンも帰国したし、Dも覚悟(?)ができたようで、Dの方から1ヶ月トライアルを申し出ました。

うれしい!!でも不安だな~。1人暮らしに慣れすぎてコワイです。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-27 15:18 | Dと私
同僚が結婚するので、その子を含めて女子3人でお祝いにフレンチを食べに行きました。

結婚する彼女は、27才でお人形のように可愛らしく、新居のインテリアなどを一つ一つそろえていく話なんかを聞いていたら、とっても微笑ましくなりました。でも、順調に恋愛をはぐくんで、適齢期に皆に祝福されて結婚するという、普通のことがとても新鮮に思えてしまう私って、どうなの~。

一方、もう1人の彼女は32才でとっくに既婚者なのだけども、毎年彼と2人でバリ島の1泊8万円の豪華ホテルに泊まりに行くという、優雅な生活を送ってます。聞けば、16才のときからつきあって24才で結婚したらしく、初恋の人と結ばれたというレアな経歴の持ち主です。

それにしても、初めてつきあった相手と結ばれるのって、この上ない幸せなことなのか、それとも一度も失恋を経験したことがないのは気の毒なのか、どっちなんでしょうね。

人生何でも経験した方が、人間として成長できるし、他人の痛みもわかるようになるし、おもしろいんじゃないかと思う反面、辛い経験はしなくてすむならしない方がいいとも思うし。もし、一生相手と添い遂げるなら、失恋の経験なんて必要ないだろうなあ。

失恋に限らず、人生で辛い経験を重ねることは、良い影響を与えることもあれば悪い場合もあると思うんですよね。だって、今はその辛い過去を乗り越えて幸せな状況で、自分の中で過去を消化できていればいいけれど、多くの人は過去を引きずりながら現在を何とか生きているっていう状況だと思うんです。

それで思い出すのが、Dのお父さん。Dと私は、「輝ける青春」というイタリア映画を観て感動し、Dが両親にそのDVDを贈ってあげたのです。その映画は、ある家族について30年にわたる人生ドラマが描かれた一大叙事詩で、離婚あり、家族の死ありと、人間生きていれば遭遇するような身近な問題がたくさん描かれていました。で、Dのお母さんはその映画に感動したらしいのですが、お父さんはあんまり好きにならなかったようなのです。

Dのお父さんにしてみれば、自分も一度離婚してるし、娘も亡くしているし(Dの腹違いのお姉さん)、仕事でも浮き沈みがあり、自分の健康にも問題があり、自分の人生で辛い経験を十分しているので、何も映画でそんな陰鬱な体験を再びしたくない、と思ったのかもしれません。Dのお父さんが好む映画は、ハッピーエンドなドラマなのです。

誰にも不幸が訪れることはあるけれど、何とか乗り越えて生きたいものです。そして、誰かと人生の喜びを分かち合えるといいなあ。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-26 15:03 | 恋バナ

男を飼い慣らせ!

子供の頃、晩御飯がてんぷらだったら、翌朝の味噌汁には残ったてんぷらを入れるというのが、うちの決まりごとだったのですが。

あるとき、友達に、
「えっ、味噌汁にてんぷら?!きもちわる~い!」
と言われて、うちの常識ってよそ様の非常識なのか、と悟った経験があります。

最近、よそのカップルを見て、ふとそんなことを思い出しました。そのカップルとは、先日ごはんにお呼ばれした、イタリア人♂と日本人♀夫婦。

奥さんは見た目ぽっちゃりで、決して美女というわけではありません。旦那さんが外国(日本)でサラリーマンとしてがんばって働いている一方、奥さんは若くて健康で子供もいないのに専業主婦です。そしたら普通、家事いっさいを奥さんがやるのが当然かな、と思うのですが...。

なんと、奥さんが手をたたいて合図をしたら、旦那さんが食器を片付けはじめました!その間、会話ナシ。

さらに、食後に和やかに歓談をしていると、突然奥さんが鼻歌をうたいはじめました。「フン、フン、フン....」
そしたらなんと、旦那さんがお茶のお代わりをいれに行きました!またも、会話ナシ。

おおっ、まさにパブロフの犬状態。しかし、どうやって?!

帰り道、Dと2人で大爆笑でした。それにしても、彼らはとっても仲が良いし、旦那さんは奥さんを完璧に信頼しているし、うらやましい限りです。

で、翌朝、なかなか起きないDに、耳元で手をたたいて合図してみました。

....片目を開けただけでした。

道のりは遠い。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-21 22:54 | Dと私

出た、元カノ!

このところ、かなり仲良くいい感じで行っていた私たちですが。久しぶりにガツンとやられる出来事がありました。それは...

私とつきあい始めてからも、Dは元カノに数回会っていたという事実が判明したことです。

何でそういう話題になったのか覚えてませんが、元カレ、元カノと今でも連絡を取ることがあるかという話になって、
「寂しいとか会いたいとか、言われたことある?」
と軽く聞いたところ、
「うん。けっこう言われたことある」
と言うので、
「え、じゃあ、あのY子さんからも言われたの?」
「うん」
「でも、Y子さんは今、結婚してヨーロッパに住んでるんだよね?」
「それが、別れて東京に戻ってきてるんだ」

え~、聞いてないし!

「で、まさか、会ってないよね?」
「2、3回会って、コーヒー飲んだ」

なにーーーっ!!!

Y子は、Dの元カノたちの中で、Dが一番心を入れ込んだ相手なので、私にとっても一番気にかかる人物です。でも、1年半くらい前に海外に移住したと聞いていたので、気にしてなかったのですが。

それに、Y子のことはもう過去のことだし、今は彼女のことを何とも思ってないとDははっきり言うし、何より私のことを好きなんだというDの気持ちが感じられるので、裏切られたとかいうのではないけれど。当然いい気持ちはしないわけで。

しかも、Y子の結婚は数ヶ月でうまく行かなくなって、別の男と関係をもったりしたあげく、東京に戻ってきたらしいのですが、そんな彼女から電話が来たときに、ほいほい会いにいくDもDじゃないですか。情けなっ!

で、すごい形相でにらんでやりました。そしたら、事の重大さに気づいたようで、顔を赤くしてちょっと泣きそうな表情をしました。Dは友達のつもりで会ってても、Y子に下心があるのはバカでもわかるっつーの!もちろん、最初にDが「真剣に付き合ってる人がいる」と言ってからは、Y子はそれ以上何もプッシュしてきていないらしいけど、そんなのいつどーなるかわからないもんね。

で、いろいろ話した結果、Dは私に不安な思いをさせて悪かったと謝りました。そしてY子とはもう会わないと約束しました。私たちの関係は真剣だということと、DとY子がつきあいを続けるのが嫌だという私の気持ちを尊重するのだということを、もしY子から連絡があったらハッキリ言うとのこと。

Dは、私が元カレと連絡を取っているかどうか、聞いたことはありません。だから、今回のY子のことも、私が聞かなかったからあえて言わなかったというのもあるでしょう。でも、本当のところは、言いづらいから言わなかったんですよね。それは明らかです。それ以上のことがあったかなかったか、その辺は今回はあえて問わないことにしました。Dにも、自分自身にも。

それにしても、男女関係って危ういものだなあ。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-20 19:02 | Dと私

スプーンして

付き合い始めて1年間くらい、日曜の朝にコーヒーを淹れるのはDの役割でした。

「お腹すいたな~」とか「コーヒー飲みたいな~」とベッドの中でつぶやくと、Dはさっさと起き出してコーヒーを淹れてくれ、トーストにスクランブルエッグなどの簡単な朝ごはんを作ってくれました。

さらに、食器を洗おうとすると、「いいよ、いいよ、置いといて」と言ってくれ、まさに上げ膳据え膳だったのです。私ってイイ男ゲットしたなあ、ラッキー!と本気で思ってました。

ところが。

Dは豹変したのです!
ああ、私って男見る目やっぱりないかも...。

最近のDは、朝、起きません。いや、朝じゃないんですよ、ですよ12時とか。
いつも私が先に目が覚めるのですが、しばらくベッドでゴロゴロして、Dを起こすためにわざとあっち向いたりこっち向いたりすると、Dはチラッと私の顔を見ます。よし、起きたか?と思うのですが、Dは、
「おはよう」
と言った後、くるっと背を向けて、
「スプーンして」。

は?スプーンて何ですか?
「スプーンみたいに、うしろからぴったりくっついて」。

エビのように「く」の字になって抱きつけと、そういうことらしいのですが。
「ていうか、私、コーヒー飲みたいなあ」
「5分だけ」
「5分経ったよ」
「眠いでしょ」
「いや、眠くないし」
「日曜日だよ~、リラックスしようよ」
「イタリア男の仕事ってさー、朝コーヒーを淹れることと、女性に気を使うことなんだよ。知ってた?」
「ワタシ、アメリカ人だよ」

しょうがないので強硬手段に出て、布団をガバっとはがすのですが、そうすると私をくすぐって布団を取り戻します。力ではかないません。

なので、毎週、朝のコーヒーは私が淹れることになってしまいました。納得できな~い!

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-19 00:21 | Dと私

six feet under

海外ドラマ、好きです。たぶん、好きになった元祖ドラマは、「大草原の小さな家」。

アメリカのドラマって、何シーズンも回を重ねて、だんだんネタがつきてつまらなくなっちゃう場合が多いけど、それでも一番おもしろい時期のドラマはとってもおもしろいと思います。テンポあるし。

「ビバリー・ヒルズ高校白書」、「アリーmyラブ」、「ER」、「フレンズ」、「ダーマとグレッグ」、「フェリシティの青春」、「サード・ウォッチ」、「セックス・アンド・ザ・シティ」、「ザ・ソプラノズ」、「ドーソンズ・クリーク」、「デスパレートな妻たち」、「24」、「ロスト」、「グレイズ・アナトミー」は、よく見てました。あと、ちょっとしか見たことないけどおもしろそうだなーと思ったのが、「プラクティス」、「隣のサインフェルド」。流行ってるけど見たことないのが「プリズン・ブレイク」。それにイギリスのドラマでは、「ザ・オフィス」と「リトル・ブリテン」がお気に入りです。

ところで、Dもドラマが大好きでよくダウンロードして見てるのですが、彼の最近のマイ・ブームは、「ヒーロー」と「Six feet under」です。←この「Six feet under」は、私も見始めたのですが、なかなかおもしろい!家族でやっている小さな葬儀屋さんが舞台のドラマで、人間の生と死について、時にブラックに時にペーソスあふれるタッチで鋭く描写されるのですが、でも根底には人間への愛情があるよくできたドラマです。映画「アメリカン・ビューティー」の脚本家だか製作者だかが作ってるらしいです。

もっともっと、日本に海外ドラマが入ってくればいいのにな~。皆様も機会があればぜひ見てください!(でもDVDとか、出てないかも^^;)

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-18 01:33 | 映画&音楽&本

かわいそうな独り者

昨日、会社の飲み会がありました。そこで初めてしゃべった40才の先輩(既婚オトコ)に、
「そんな高い家賃を毎月払ってるなんて、もったいない。マンションを買ったほうが絶対にいいよ」
とか、
「いい男紹介してやるよ。きみならすぐに売れるよ」
などとしつこく言われました。オマエ、何様?開いた口がふさがりません。

私の会社は社内結婚がとても多いので、独身で社内の誰とも噂になっていない=恋人なし、というレッテルを貼られがちです。

それに、30代で家を買う同僚が多いので、賃貸で独り暮らしというのは、よっぽどかわいそうな人に見えるらしいのです。

ま、世の中こんなものですか、30代独身女に対する見方は。これが40代、50代になったらどうなるんだろう。女性は年を取れば取るほど、世の中から邪険に扱われるような気がしてなりません。年老いた女に優しい街なんて、どこにもない。これって日本やアジアだけ?それとも世界共通?

なんだかね。人の価値観っていろいろです。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-17 22:59 | 日々雑感

イタリアな味

イタリア人&日本人カップルの家に遊びに行ってきました。

Dと私、そしてもう一組のアメリカ人&日本人カップルの計6人で晩御飯。彼らの家は、マンション最上階で見晴らしも最高でした。

ワインをたくさんあけ、生ハムやチーズのアンティ・パストとサラダを食べながらワイワイやっていると、本日のメインであるポルチーニ茸のリゾットのできあがり...。おいしかったです。

各自でお好みの量のパルメザンチーズを削って、リゾットにかけて食べるのですが、さすがイタリア人&日本人カップル、リゾットが真っ白になるくらいたくさんのチーズをふりかけていました。

Dもイタリア系で食べ物にうるさいので、つきあうようになってから私もチーズとガーリックとオリーブオイルの消費量がすごく増えたのですが、このカップルは半端じゃなくイタリアの食生活を満喫してました。食材もイタリア産ならば、食べ方もイタリア流ってところがうらやましい。ところで、おみやげにイタリア産のコンソメの素をもらったので、今度私もリゾットを作ってみようっと。

私は料理はぜんぜん得意ではないけれど、うちの近所に輸入食材店があるので、いろいろ試すことができてラッキーです。Dが、
「今度はみんなをうちに呼んでディナーしようね」と言うので、ちょっと練習しなくっちゃ。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-14 18:57 | Dと私

休日の過ごし方

3連休ですが、今日の東京は雨。今週は残業続きで疲れていたこともあって、昼まで寝て、起きて掃除、洗濯をしていたら、もう夕方です。あっというま。理想の休日とは程遠い(>_<)

私の理想の休日は、リラックスできてしかも充実した休日です。
例えば、小鳥のさえずりとともに(?)起きて、カフェ・ラテとオーガニック食材の朝ごはんを食べる。→心地よいそよ風を感じながら、牧場に面したテラスで新聞や雑誌を読んだり、ピアノをひいたり趣味に没頭する。→いつの間にか、パスタとサラダとスープのおいしい昼食。→天気も良いので散歩に出かける。→友達と合流しお茶。ここらへんから都会になる。→ぶらぶらとセンスのよいお店で、財布を気にすることなくショッピング。→映画や演劇や美術館を楽しむ。→感想などを話しながら、タイ料理または焼肉の夕食。→家に帰って、Dにマッサージをしてもらいながらくつろぐ。→眠くなったら寝る。

...はっと我に帰ると、外はもう暗くなってました。さて、スーパーに買出しに行こうかな。今夜はパエリアを作る予定です(前回、ちょっと失敗したので)。Dがもうすぐ、うちにやってきます。どうせ今夜も、深夜までDVD鑑賞会になることは間違いないので、おやつも買っておかないと。

では、みなさまもよい週末を。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-12 16:57 | Dと私

週末のおでかけ

土曜日、友人とバーゲンへ行ったあとランチをし、その後はDと八景島シーパラへ行ってきました。ジュゴンがいなかったのは残念だったけど、白熊とかイルカとかきれいな魚たちに癒されました。

Dは、
「ジュゴンて何???」
と聞くので、
「顔が四角っぽくてぶっさいくだけど可愛いやつ。アザラシとイルカを足して2で割ったようなやつ」
と説明したけど、ぜんぜん伝わっていませんでした。ジュゴンは、心のピュアな人がわかるらしいと言われているので、
「たぶん、Dを見たら水槽の反対側へ逃げるよ」「どっちが!」
と、お互いを責めあいました。あ~、見たかったなあ。

晩御飯は、都心に戻ってショーンと合流してタイ料理屋へ行きました。そこで食べたソムタム(パパイア・サラダ)にガーリックがたっぷり入ってたのですが、帰り道の電車でDにいじめられました。混んだ電車の中で、Dが私に向かってわざと「ハア~」っと息をふきかけてきて、「バッド・ブレス攻撃」とか言ってにやにや。←窒息するかと思った!

Dは最近、新しい仕事のオファーをもらいました。2月中旬からその会社へ転職する予定で、その前に一度、実家に帰ってオバアチャンと両親に会ってくるそうです。新しい仕事は、大学の英語講師みたいに休みが多くないから、これからはあんまり会えなくなるので。でもまあ、やっと仕事が見つかってよかったです。

でも、ということは、
「一緒に旅行とか行けないよ!」
と文句を言ったら、
「そーだね。でも、GWにどっか行こう」
だって。でも、飛行機高いしな。う~む。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-06 20:52 | Dと私