恋愛と笑いのある日々をめざして奮闘し、アメリカ人Dと2009年8月入籍、2010年2月出産。さらなる将来を模索中の30代♀。


by spiral103
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

1年の終わりに

大晦日の今夜は、DとDの友人、私の友人たちと、カウントダウンに街へ出かけます。

1年あっとゆーまでした。Dとの関係は、ゆっくりだけど深まってきていると思います。でも、結婚については、まだ話していません。

私は、やっぱり子供を産むタイムリミットについてよく考えるし、あせる気持ちがあります。Dも子供は欲しいというし、私のタイムリミットのこともわかっていると言うけれど、本当にわかっているとは思えません。私は、このままDのプロポーズを待っているべきなのか(プロポーズされる保障はどこにもないけど)、私からアクションを起こすべきなのか、悩みます。

今のDの頭の中は、新しい仕事と大学院のことで一杯なような気がします。先日、貯金の額を聞いたら、ガーンという感じでした。少なくとも1年に1度の帰省のための費用と、大学院の学費を工面するのに精一杯で、結婚資金まではとうてい頭が回らないだろうというのは、容易に想像できます。式はしなくてもいいけれど、新婚旅行には行きたい私(だから、プロポーズされてないんだってば)。

私だって、同年代の人々に比べたら貯金は少ないと思うけれど、20万円ってのは、いくらなんでもヒドすぎます。37歳の健康な男が、全財産それっぽっちだなんて。「倹約生活すべきでしょ」とは何度も言ってるけど。前途多難...。

やっぱり話し合いが必要だとは思うけれど、「結婚」の話が出てもいないのに、「私たちの将来のためにお金をためてよ」という方向へは話を持って行きにくいし。どうしたものか...。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-31 13:49 | Dと私

英語力upめざして

今週末は3連休です。(^-^)
今夜は大勢でご飯を食べに行きます。

3日間あると、いつもの遊び・家事・雑用以外に目を向ける余裕ができて、ああ、そういえば、今年はずっと英語の勉強さぼってるなあ、と思い当たりまして。このところ、ぜんぜん英語力伸びてない、むしろ下がってるかも(汗)。

まだ新年の抱負を語るには早いのですが、とりあえず来年の英語力upについて目標をたてることにしました。来年は、

1 語彙を増やす
2 会話力を伸ばす

を重点的に改良したいです。
会話については、通勤電車でiPodで英文を聞きながら、シャドウイングをするように心がけようと思います。実は今もやってるんですが、朝なんかは眠いのでボーっと聞き流してしまいがちなんですよね。でもしっかりシャドウイングすると、すごーく効果あるので、心機一転がんばるぞー!

一時期、ネイティブの彼氏ができたら英語も自動的にうまくなるんでは、と勘違いをしていたことがありました。それに、「ネイティブの恋人を作りたいから、英語を勉強したい」のか「英語が上手くなりたいから、ネイティブの恋人が欲しい」のか、自分でもわからないときがありました。

でも今思えば、それは別々のことだとはっきりわかります。しかも、ネイティブの恋人がいたって、英語力upにはほとんど関係ないんですよね。たま~に、ニュアンスの違いなんかを聞いたりするのには便利だけれど、日々の英語力は地道な勉強でコツコツ培うしかないんです。

目指すはネイティブ並み!
クリスマス・イヴに、ちょっと真面目になってみました。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-24 14:53 | 語学&文化論

恋愛における優劣

恋愛において、お互いがお互いを同じくらい好きならば、バランスが取れていていいけれど、どちらかの想いの方が強いと、優劣関係ができてしまうことが多いものですが。

その優劣って、いつ決まるんだろう?立場が逆転することもあるのかな?と、ショーンと彼女の話をDから聞いていて、ふと思いました。

ショーンと元カノの場合、元カノが優位だったので、ショーンは彼女につくしてつくして本当につくしていました。仕事も辞め、国まで離れて彼女を求めたショーン。結果的に振られてしまったけど。だから、マメ男で女心に敏感なショーンみたいな男と付き合う女性は、なんてラッキーだろうと思っていたのですが。今度の彼女との関係では、どうやらショーンが優位なようなのです。

もちろん、最初は彼女につくしたと思うし、デート代も絶対ショーンが払っていただろうし、一緒にいるときはお姫様待遇で彼女に接したと思うのです。でも、ショーンの中で彼女が運命の女だという確信はないようで、今後の関係についても迷っているところなのです。

一方、彼女の方は、ショーンと一緒にすぐにアメリカに住んでもいい、くらいの勢いだそうで。先日、彼女がその話を持ち出したときに、ショーンが「ちょっと待った」と一歩ひいたことで、2人の間の気持ちの差が表面化し、大喧嘩に発展したんだそうです。

なんか、手に取るようにわかりやすい男女間の気持ちの差。

最初は優位にいたはずの女性が、いつのまにか劣位になってしまうという図。これ、私自身の過去の恋愛によくあてはまるのです。

最初はたいして好きでもなかった相手を、いつのまにか大好きになってしまって、逆に相手の私に対する気持ちは冷めるというか、私が相手につくしたり我慢したりするようになるという。立場逆転。

どうしてそうなってしまうのか、よくわからないんですよねー。そうならない方法ってあるものでしょうかねー。はたまた、さらに立場を逆転させる方法ってのは、あるんでしょうかね。今のDと私の関係は、今のところ5:5かなあ?いや、先月の「情熱がない」発言以前は4:6ぐらいでDが優位だったかも。そして今は、6:4くらいで私が優位かな?油断は禁物ですが...。

とりあえず、ショーンの恋のゆくえを見守るつもりです。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-24 00:44 | Dと私

プレゼント選びって大変

昨日、Dと買い物に行って、ネックレスを買ってもらいました。

ピンク・ゴールドのチェーンで、トップには一粒パールに小さなダイヤモンドがあしらわれた、プチ・ネックレス。うれしい!

ところで、
「今までに誰かにジュエリーをプレゼントしたことある?」
と聞いたら、
「ないよ」
だって。やっぱりな。そういうの、彼女にあげるような感じの人じゃないもんな。なので、すんごく大げさに喜びを表現しておきました。←今後も期待できるかも?

ところで、家に帰ってきてから、ショーンにプレゼントを買うのを忘れたことに気づきました。あちゃー。そう、ショーンはまだDの家に滞在しているのです。10月下旬に日本にやって来たときは、1週間くらいの滞在予定だったにもかかわらず、日本人の彼女ができた今、ずるずると帰国を延ばし、1月中旬までいる予定らしいのです。

日本人の感覚からすると、友達にクリスマス・プレゼントなんてあまりあげないから、すっかり忘れていたけど、ショーンは私が夏にアメリカに行ったときに、プレゼントをくれたのです。だから、クリスマスにお返しをしようと思ってて、すっかり忘れてました。

というわけで、今日もDと街へ出かけ、プレゼントにTシャツを買いました。このショップは、去年私がDのクリスマスプレゼントにTシャツを買った同じ店で、オリジナルのデザインがいい感じなのです。

でも、2人からのプレゼントなのに、Tシャツ1枚でいいかしら。明日、ショーンに会う前に、もうちょっと何か探したほうがいいかしら...。ああ、プレゼント選びって大変。

ところで、少し前からカナダ人とデートしてる私の友人Mちゃんのことは、前にも書きましたが、デートを4回くらいした頃に、彼の持病のために会えなくなって1ヶ月以上たちました。このままフェイド・アウトかな?と思っていたら、彼がクリスマスで一時帰国する前に1回会うことができたようなのです。で、はりきったMちゃん、生まれて初めて編み物に挑戦し、1週間でマフラーを編んだそう。恋する乙女ってすごい。彼からのプレゼントは勿論なかったけど、Mちゃんはとっても満足しています。

プレゼントっていろいろですね。

ちなみにうちの父は、お中元とお歳暮に必ずエビスビールを1箱、私に送ってきます。ありがたいけど、あんまりビールって飲まないので、キッチンの棚はエビスで埋まっています。Dが私の代わりに少しずつ消費してますが...。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-23 20:51 | Dと私

オイスター効果

Dとクリスマス・ショッピングに新宿に行った。案の定、すごい人、人、人だった~。

まず、Dの実家や友達にクリスマスカード、そして甥っ子にオモチャを買い、その後、私のサングラスとDの服を見てまわった。Dは気に入ったダウン・ジャケットを見つけることができたので、それを買ってあげたのだけど、私はいい感じのサングラスが見つからなかったので、来週また買い物に行く予定。サングラスはやめて、プチ・ネックレスを買ってもらうつもり。

クリスマスにアクセサリーを買ってもらう、なんてのは今まで経験したことがないので、「巷の女子並みに彼氏にアクセサリーをねだる自分」というのが、すごい不思議でしかたがないけど、やっぱりうれしいかも。考えてみれば、あんまり好きでもない相手から、アクセサリーや服をプレゼントされたことはあるけれど、つきあっている相手からそういうロマンチックな物をもらったことは、一度もなかったもんなあ。

Dは、男にしては買い物に対する忍耐力があるので、連れまわしても結構平気なのだけど、夕方になるとさすがに買い物に疲れてきたらしく、「お腹すいて死にそう」と懇願してきたので、早めにご飯を食べに行くことにした。

初めて行った、オイスター・バー。生牡蠣、うまかった!!あと、フランスの「ステラ・アルトワ」(だっけ?)っていうビール、おいしかったです。

ところで、牡蠣には性的欲求を高める効果があるとかないとかだそうで、Dと2人で
「今晩どんな効果があるかな~(#^з^#)わくわく」
と楽しみにしてけど、家に帰ってレンタルDVD見てたら2人とも寝てしまい、結局、牡蠣パワーを試すことなく終了~。がっくし。

Dは、新しいダウン・ジャケットが相当気に入ったようで、家の中で着てなかなか脱ごうとせず、やっと脱いだら脱いだで、クローゼットにしまわずイスに引っ掛けていて、
「ときどきチラッと見たいから」
だって。←アホ。でも、喜んでもらえてよかったよかった。

穏やかなクリスマス&年末年始を迎えられそうです。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-16 16:38 | Dと私

クリスマス・プレゼント

去年のクリスマス・プレゼントは、私からDにはTシャツをあげ、Dは私にボディ・ショップの詰め合わせをくれたのですが、今年はお互いに欲しいものを買ってもらうことにしました。

私は今、サングラスが欲しいので、それとなく買ってもらう方向に持って行くために、まずはDに何が欲しいか聞いたところ、

「大学院の学費」だって。およそ600万円。ちーん。

しょうがないので、セーターを買ってあげることにしました。←つながりは全くなし。で、私はサングラスを買ってもらうことになりました。やった~。

誕生日やバレンタインデー&ホワイトデーは、その時もらった物の値段を想像して、相手のときに同じくらいのものを買えばよいけれど、クリスマスはそうは行きません。プレゼントの予算を考えるのが、微妙にむつかしかったりします。

なので、あらかじめお互いに欲しいものを言って、買ってもらえば金額に大きな差もでないし、ムダがないし良い考えだと思って。(^-^) でも、Dはプレゼントはサプライズがよいみたいで、私が一緒に買い物に行って、欲しいサングラスを選ぶと言うと、
「え~、そうしたら楽しみがないでしょ」
だって。いえいえ、どんなヘンテコリンなものを買ったかドキドキしながらプレゼントを開けるサプライズなんて要りませんっ。

というわけで、今週末は一緒にショッピングです。その後、オイスター・バーに行く予定。生ガキを食べるときは体調を万全にしないと危険なのですが、今週は飲み会が2つも入ってて、疲れそうなのがちょっと不安。

クリスマス・イヴは、Dの友人夫妻やその他大勢と一緒に、なぜかインド料理を食べる予定。去年もそうでした。で、クリスマス当日は、2人で早朝に築地へ出かけ、寿司を食べる予定。ぜんぜんクリスマスらしくないんですけど(^^;)。←食べ物の予定ばっかり。エンゲル係数、高くて悲しい...。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-09 20:03 | Dと私

彼女には会えず

ショーンのデート相手は、用事があるとかで土曜のclubには来なかった。まーね、30過ぎてclub行きたがる人は少ないよな~(^^;)。私たちも終電で帰ってきたし。

でも、そのclubのイベントはなかなかおもしろかった。10時半頃行ったのに、けっこう人が入ってたし。ライブやアートのパフォーマンスもあって、いわゆる六本木のミート・マーケットな雰囲気とは全く違うクリエイティブな感じだった。外国人が多かったにもかかわらず。

で、日曜はひたすらダラダラして過ごした。いつものごとく、肩のマッサージをしてもらい、ご飯を作ってもらい...。

なんとなく、Dは前より私に気を使うようになった気がする。ちょっと進歩、かな。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-02 20:59 | Dと私

愛がないと

少し前にカナダ人とデートを始めたMちゃんに、近況を聞いた。

4回くらいデートした頃、彼の持病が再発したので、以来会ってないとのこと。なんでも、珍しい病名の頭痛(病名聞いたけど忘れてしまいました)もちで、年に1回1ヶ月くらいひどい頭痛に襲われるのだそう。Mちゃんは心配してその病気について調べたり、メールで励ましたりしているよう。

その病気のことを私は知らないけど、彼は普通に仕事には行っているようなので、それなのにまったくMちゃんと会おうとしないのは、あんまり良いサインではないな~と思った。

「運命の人」だと盛り上がっていたMちゃんが、ちょっと可愛そうになった。

Mちゃんはとっても素直で優しい性格だ。でも、優しくていい人だから相手から愛されるというわけでは当然ない。お互いに惹かれあってデートを始めても、それがおつき合いに発展するかどうかはわからないし、さらに愛にまで発展する可能性はとても低い。誰かに愛されるというのは、ほんとに特別なことなんだなあと思った。


愛のレベルは、人によって違うだろうし、愛がなくても結婚をする人はたくさんいる。年だから、独りは寂しいから、相手の経済的な条件が良いからとか。 愛を感じる前に結婚をする人もたくさんいる。お見合いとか。
それが悪いとは思わない。結婚した後の家庭をうまく築いていくこととは別だから。

だけど、つきあった相手が、愛しているという確信を持ってからでないと結婚しない人だったら、結婚に至るまでの道のりは結構大変かも。そして、欧米人はこの手のタイプが多いような気がする。Dもそのタイプ。

しかも、「I love you」と言われても、結婚はまだ待ったぁ、という具合だから。それにDは私に「情熱」を感じていないから、盛り上がった勢いで「結婚しよう!」となることは、まずないと思われる。とすれば、機が熟して、そろそろ年貢の納め時(私以外にイイ女はいないと悟るってことですヨ、もちろん ^-^;)と思うまでには、まだ時間かかるってこと。

それまで、私がDと結婚したいと思い続けていられるかどうか、さて....。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-12-01 16:45 | 恋バナ