恋愛と笑いのある日々をめざして奮闘し、アメリカ人Dと2009年8月入籍、2010年2月出産。さらなる将来を模索中の30代♀。


by spiral103
カレンダー

<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

質か量か

長崎に行ってきました。魚がうまいっ!ちゃんぽんもうまいっ!
びっくりしたのは、東京では夕方4時半頃にはもうあたりは暗いのに、長崎の最果ての島では、5時半になってもまだ明るかったこと。つまり、時差が1時間てことー?

さてさて、私、あさってから1週間、フィレンツェに行ってきまっす。

明日は残業して荷造りしてと忙しいので、先週末以来、このままDとは2週間会えないだろーなと思っていて、そのことは先週別れる際にDにも話したのですが。

今日、Dからメールで「明日の夜遅くなってもいいから会おう」と言われ、うれしさ半分めんどくささ半分。...結局、うちに来てくれるので会うことにしたんだけども。

疲れてるときに会っても、私は100パーセント楽しめないから、ほんとは会わない方がいいのかもしれない、と思う。一方で、気を使わなくてもいいからできるだけ一緒にいる時間や回数を増やした方がいいのかな、とも思う。私たちの場合、会うのはたいてい週1かせいぜい週2で、しかも週末もどちらか1日だけだから。

質をとるか量をとるか...。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2006-11-30 20:46 | Dと私

どこの国が好き?

明日は長崎のとある島に出張でござる。今日は早く寝ようっと。

ところで、もし海外に住むとしたら、ワタシどの国に住みたいかな~?(←仕事が忙しいと、現実逃避のためにいろんな空想をするワタシ)

外国人とつきあうと、当然のことながら、その人の国にとても興味がわく。私がつきあったことあるのは、アメリカ人、イギリス人、スイス人だけども、

スイスには、スイスジャーマンて言葉があって、それはドイツのドイツ語とは全く違うものだってことを、つきあって初めて知ったし、労働者階級のイギリス人の実態も、彼とつきあわなかったら知らなかったと思う。

でも、アメリカ文化は日本人にも馴染みがあるので、今の彼とつきあって、アメリカ一般について「ほお~」「へえ~」とびっくりしたことは、ほとんどないような気がする。それよりも、アメリカ人は、個人によってものすごくいろんなことが違うなー、という気がする。

だから、Dの性格を「アメリカ人だから~」と一般化するのは悪いと思うんだけど、でもどうしてもステレオタイプなお国柄を連想させることがある。それは、

ノリが軽いとゆーこと。または、物事を大げさに言うことー。

「フィレンツェに行くなら、皮のジャケットいいのがあるかもよ。僕も5着買ったもん」
「えっ?ご、ごちゃくも?」
「えっと、いや3着かな」
「...ふうん?(疑いの目)」
「...いや、2着」
「どうせ1着でしょー。白状したら?」
「......いや、2回訪れて、1枚ずつ買ったから、合計2枚だよ」
てな具合。

Hey, man!  what's up, man! とか言ってるからだよ、もうっ。軽すぎ!

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2006-11-28 21:50 | 語学&文化論

独りになる勇気

私は、あんまりHow to本は読まないので、「ルールズ」も読んだことはないんですが、去年元カレとうまく行ってなかったときに、「he's just not that into you」という本を読んだことがある。

これは、あの「sex and the city」の脚本家だかプロデューサーだかの男性が書いたもので、色んな例をあげて、
「それはつまり、彼はそれほどあなたに興味がないんだよ」
とバッサリ切って行くというもの。

「電話くれないけど、彼忙しい人だから」と言う女性に対して、「どんなに忙しくたって、1日のうちに3分くらい電話する時間はあるはず」=「電話がこないのは、彼はあなたにそれほど興味がないからです」と、都合のいい解釈しようとする女性に釘をさす。そして、そんな望み薄な恋にしがみついてないで、新しい人に目を向けよう!とコンコンと説いているのです。

で私もそのとき、冷静に考えて元カレとはもうだめだと悟ったのですが、結局別れるまでに5ヶ月くらいかかってしまった。←時間の無駄。
私が激しい胃痛で苦しんでいるときに、同じ部屋にいながらノホホンとテレビを見てた奴~、今考えるととんでもないヒドイ男だ。あ~ほんとに時間の無駄!

独りになるのが怖いからって、ずるずる関係を続けても、良いことはないのにね。

やっぱり、いい関係を築いているときは幸せな気分だし、そうでないときは何かモヤモヤとした気分なわけで。幸い、今の私は幸せな気分だけど、いつどうなるともわからない。だから、自分を常に客観的に見て、自分の置かれた状況をごまかさないで直視したいと思うのです。

Dとうまく行かなくなったら、毅然と別れたいな。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2006-11-27 22:15 | 恋バナ

料理する男

昨日の夜、Dの家で石狩鍋を作った。←正確には、私は見てただけなんですが。

で、思ったのが、料理がそこそこできる男って、なんてありがたいんだろーということ。

実はDとつきあう前の元カレは、これまたお湯をわかすのも嫌ってくらい料理しない人で、1年つきあって、作ってくれたのはコーヒーだけというおそまつさ。

それに比べてDは、私が「手伝おうか?」と言っても、「大丈夫。リラックスしてて」とビールをグラスに注いでくれるマメ男。
これだよこれ!私が探し求めてたのはー!

しかも、ニンジンは花形に切るし、シイタケの背中には十字の切り口を入れるマメさ加減。オーマイゴーッシュ、私そんなの未だかつてやったことありません。ダシはもちろん昆布から取り、カボチャの溶けたミソ味が絶妙で、鮭や鱈やホタテにマッチするんですねー。

つい先日、thanksgiving のために実家に電話したDは、弟がもうすぐ結婚するという話を聞いたらしい。で、お祖母ちゃんから「あんたが最後よ」とプッシュされたとか。

まあっ、私でよければいつでも準備できてますっ。料理する夫、大歓迎ですヨ~。←鍋でつられるワタシって単純...?

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2006-11-26 17:48 | Dと私

彼の奇妙な女友達

Dには、推定75才くらいの友達がいる。その名も「セツコさん」。

2~3ヶ月ごとに会って、どっかの高級料亭とかレストランで長いランチをする仲だ。(←お年を召しているので、夜は無理なのね、きっと)

夫はすでに他界している有閑マダムのセツコさんは、Dに惚れているもよう。なんたって、しょっちゅう電話をかけてきて、うっかり応答しようものなら、1時間はつかまって切れないのだから。応答しなければしないで、これまた長~いメッセージを残すんです。(←だけど、同じこと何度もしゃべってる。やっぱり年には勝てないね)

セツコさんは、以前Dが講師をしてた某英会話スクールのVIPクラスの生徒だったそう。

「先生と生徒ってデート禁止じゃないのぉ?」
と突っ込むと、
「だって、おばあちゃんだし。日本の古い習慣とか文化の話、いまどきの若者からは聞けないでしょ」
と、正当化するD。

ところで、このセツコさん、品の良いおばあちゃんかと思いきや、かなりのクセモノなのです。

「先生、昨日は何してたの?彼女とホテルに行ったの?」
とか、ズケズケ物を言う人のようで。でも、Dのことを根掘り葉掘り聞いてくるのはまだしも、以前Dがデートしてる女の子の話をポロッとしたら、なんとその子の住所を探し出してしまったというツワモノ。探偵雇ってるのかな~。ぞぞぞ。

それ以来、プライベートの詳細については一切話さないようにしてるらしいのですが、それでもまだ会い続けるってどうよ。
「だって、6月頃、夜中に電話してきて、『わたし癌で、あと半年の命だって言われたの』って言うんだよ。気の毒でしょ」
「え~~?(←思い切り疑いの目)だって、こないだ会ったときピンピンしてたんでしょ」
「うん」

...ところが、先日謎が解明された。
実は、前回会ったときに、Dはセツコさんからプレゼントをもらっていたのだった。それは、’伊勢丹でオーダーメイドのスーツを作れるギフトカード’ だった。で、ちゃっかりスーツを作っちゃって、先日、自慢げに着ておった。

たま~にデートしてスーツ買ってもらえるなんて、ずるい~。

「ところで、何のプレゼントだったの?誕生日には時期はずれだけど」
「それがさ~、僕の結婚前祝いだってさ。早く結婚しろって」

あらっ、セツコさん、いいことおっしゃる。もっとプッシュしてくださってもいいんですヨ。

人気blogランキングへ←ポチッとよろしくお願いします
[PR]
by spiral103 | 2006-11-25 13:51 | Dと私

知人の没落

先日、昔の会社の先輩と3年ぶりに再会した。

彼は日本人だけど、小顔で彫りが深くて、Dによく似ているのだ!37才でまだ独身。20代の頃はスポーツも上手で結構モテてたのに、彼女がいるそぶりはなかった。

で、久しぶりに会って、近況を聞いてみると、やっぱり今も彼女はいないらしい。いるんですね、こーゆう優しくてオクテなために、恋愛下手な人。

よし、ここは私が一肌脱いで女の子を紹介してあげよう、ということで好みのタイプを聞いてみると、

「若い子」

とのお返事が。むっ。しかも、20代そこそこがいいらしい。理由は、「子供のことを考えたら、若い母親がいいから」ですと。ごもっとも。そりゃあ、私の友人はみんな30代ですよ。だけど、あーた、もちょっとつり合う年齢てものが。ところが、

「高校生でもいい」

だって。...激しくがっくりきました。

聞けば、スナックやバーの女の子に熱をあげて、客だから優しくされてることに気づかず舞い上がっている模様。←人間関係が築けない男の典型的な例。でも、ルックス悪くないのに、なんでそうなっちゃうの~?

「ツヴァイいっとけば?何とかなるかもよ」と提案すると、
「そうだね!」と意外に前向きなお返事が返ってきました。

「40歳の童貞男」をぜひ観て、がんばってもらいたいですね、彼には。

人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2006-11-25 00:05 | 恋バナ

おすすめデートスポット

昨日、仕事が終わってから、Dと後楽園にあるスパ「LaQua」に行った。

ここ、東京近郊に住んでる方には強くおすすめしたいデートスポットです~。一定年齢以下のキッズは入れないとゆーこともあって、オトナな雰囲気なので。

まずは、観覧車の中をつきぬけて行く近未来ちっくでカッコいいジェットコースターに「絶対のろうね!」と意気込んでいた私たち(←特にDが)。にもかかわらず、腹ごしらえのために入ったデリでまったりしすぎて、気づいたら最終の20時を過ぎてしまいアウト。

Dはとても残念がってましたが、園内はイルミネーションが施されてて、散歩するだけでもとてもいい雰囲気でした。

で、気を取り直してスパへ。

お風呂はもちろん男女別々なので、私的には早く共用リラクゼーションスペースへ行って、まったりイチャイチャしたかったのですが、

Dは、うちの死んだばーちゃんのように長風呂好きな男だった。

22時を過ぎてようやく待ち合わせのリラクゼーションスペースへ現れたDは、
「ぜんぜん時間が足りなかったよ。もっとゆっくりしたかった~」
とのこと。あのー、私は時間余って余ってしょうがなかったんですけど。

それは置いといて、このバリのリゾートをイメージしたスペース、とってもオシャレでした。大きなガラス張りの窓の向こうには夜景が広がり、一方室内はちょっと薄暗くて、水と植物に囲まれた庭でくつろいでいるかのよう。

で、何がいいかと言うと、夜遅いせいか、人が少なかったんですよね。ごろんと横になってイチャイチャしてても、周りに誰もいないんです。もー貸切みたいで、極楽極楽。どこ行っても人だらけの東京で、ありえないほどのこの静寂でぜいたくな空間。穴場ですヨ。

体も心もポカポカに温まり、手をつないで仲良く家路に。
なんか、いい感じじゃない、私たち今のところ♪

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2006-11-23 18:53 | Dと私
Dは、客観的に見て、結婚相手には良い相手だと思う。危険な香りはしないけど、見た目そこそこだし、優しいし、社会生活におけるマナーはわきまえてるし、考え方も柔軟だし。

なのに、なんで36才の今まで独身なの?

これ、大きな疑問です。

結婚願望は人並みにあるみたいだし、子供は欲しいって言うし。恋愛に対してわりとオクテなタイプだからっていうのはあるかもしれないけど、初エッチは人並みにティーンの時だったみたいだし。

なんで?なんか、ワタシの知らないこと、ある??←ちょっと不安。

過去の恋愛で一番思い出に残ってる彼女は?と聞くと、Dは「on/offを繰り返しながら、3年くらい続いた日本人の彼女」と答えた。やっぱり日本人ですか。がっくし。白人、黒人、ラテン系の彼女もいたそうなので、Dはアジ専ではないようだけど、でも、なんか、がっくし。

その彼女は、話にたびたび出てくるんですが、どうも好きになれないだよな~。←単に、もとカノだから嫌いという話もアリ。

Dは、その彼女が日本人の夫と一緒にアメリカに住んでいたときに知り合ってつきあい始めたそう。彼女は夫と別れたいのに、親が反対してて別れられなかったもよう。親がある新興宗教に熱心で、そのつながりで結婚した夫だそうで。
で、Dはあきらめて彼女と別れたようですが、何年かして彼女から連絡があり、「私とうとう離婚した!」とのことで、二人でやり直すことを決めたそう。
それで、わざわざ日本にやってくるDもDですが、めでたく付き合い始めたら、3ヶ月でうまく行かなくて結局別れちゃったとか。

「二人の間に障害があったから、盛り上がってたんだと思う」だって。

なんかね、親のいいなりの人生送ってる女性に惹かれるDって、どうなのよ、と思っちゃう。

あれ、なんかアラ探しを始めたら、いっぱい出てきそう。このへんでやめとこう。^^;
明日はデートです。

人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2006-11-21 21:53 | Dと私

ライブ決行

Dは、よく言えば好奇心旺盛、悪く言えば八方美人だ。

友達づきあいはマメだし、新しいことにすぐ興味を持つ。で、最近バンドを2つも掛け持ちしてるのだが(もちろん趣味で)、メンバーの1人がもうすぐ帰国してしまうので、その前にライブをやらねば!と盛り上がり、都内の某ライブハウスで演奏させてもらう約束をとりつけたらしい。

しかも、店長と交渉の際、「ワタシたち、お酒好きなトモダチいっぱい。みんな来るよ。だからお店もうかりマス!」とねばったらしい。

「来月やるから、ラセンも来てね」
「どんな曲やるの?Dのバンド、ロックでしょ」
「そう。全部オリジナルだよ。6曲くらい」
「えっ、じゃあ、あれもやるの?ほら、あれ(不安げに)」
「(満面の笑みを浮かべて)モ・チ・ロ・ン♪」

あれ、というのは、Dが作詞作曲したパンク系の歌で、「Year Of The Dog」、つまり、

いぬどし

「おれは戌年!おれは戌年!おれはい・ぬ・ど・し~~!!!」

....と、ひたすらシャウトするというものです...。

ええ、行きますとも。それ、観たあとでも恋していられるかどうかは別ですが。あと、親友でゲイのTくんにも紹介してもらわないとね。二人の関係を、この目でしかと確かめてみまっす。

人気blogランキングへ←ポチッとよろしく
[PR]
by spiral103 | 2006-11-20 22:40 | Dと私

ゲイ疑惑

実は、私は相当長いこと、Dの性的嗜好に疑問をもっていた。

...なんて書くと、ものすごいことがあるのかーっ?って期待されると困るのですが、いや、もしかしてゲイの趣味あるかな~と、ちょっと思っていたのです。

いや、というよりはバイかな。女性にも男性にも惹かれるってことは。

Dがバイセクシャルかも、と思った理由は、
1.日本にいる友達の中で、一番の親友がゲイであること。
2.物腰が柔らかく、ベッドでもちょっと受身っぽいかも(おいおい^^;)ということ。
3.妹がレズであること。

私は親友Tくんに会ったことはないけど、Tくんはストレートの男性に惹かれるくせがあるようで、Dは実らぬ恋の相談に乗ったりしてあげているらしい。それで、ある日、「あなたはTに惹かれてるの?」とは聞けず、「Tはあなたのこと好きなんじゃないの?」と聞いてみた。そうしたら、「いや。僕達はただの友達だよ」とのこと。

私は、ゲイの人に対する理解はある方だと自分で思っていた。けれど、バイとなると話は別。世の中の半分の同姓だけでなく、異性までがライバルになってしまうではないか!自分の恋人を男に取られるなんてことになったら、とっても悔しいだろうと思う。だって、自分じゃどうしたってかなわないんですから。世の中の10%はゲイ(潜在的なのも含めて)で、完全なゲイとストレートの間にグラデーションがあるらしいので、当然バイが存在するわけで。ゲイは遺伝じゃないんだから、妹がレズであっても問題ないのに、そんなことにも気になる私。

私と会うのは週1なのに、Tくんとは週2~3回会ってるらしいというのも気になる。で、二人で「ブロークバック・マウンテン」を観たと聞いて、なかなか良かったと聞いて、私もさっそく観てみた。

感想は、「腹たつ~、あの映画、ぜんっぜん良くない、奥さんが奥さんが可愛そすぎるよ~~!!」
私は、たいていゲイの話であっても主人公に感情移入できるのですが、しかもジェイク・ギレンホールは私のお気に入りの俳優ですが、今回は感情移入できなかった。なんてゆーか、完全に奥さん側の立場でみてしまいました。

あの映画を観て、Tくんは泣いていたとのこと。ところで、Tくんの部屋で二人で観たんでしょ。エッチシーンあるでしょ。Dは、「男同士のHシーンには、ちょっとひいた」とのコメント。
ほんと~か~?私の目をあざむくために言ってるんじゃないでしょ~ね~。←疑心暗鬼。


....で、聞いてみた。「あなたは男性に惹かれることがある?」と。そしたら、「誰でも多少あるんじゃない?君だって、すごい美女を見て、惹かれることない?」というので、「私はないよ」とバッサリ切ったら、「ふうん、僕は少しあるかもね」だって。「だけど、男に恋したことはないよ」って。

その言い方が自然だったので、その後もいろんな話をしてみて、Dはバイではないということで私は納得できた。と思う。
物腰柔らかなのは、彼の性格ともあいまって、別に女っぽいというわけではないなと思えるようになり、またベッドでも最初は遠慮していたために受身だったらしく、今では普通になりました。

ホッ。

人気blogランキングへ←ポチッとよろしくお願いします
[PR]
by spiral103 | 2006-11-19 19:29 | Dと私