恋愛と笑いのある日々をめざして奮闘し、アメリカ人Dと2009年8月入籍、2010年2月出産。さらなる将来を模索中の30代♀。


by spiral103
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:映画&音楽&本( 11 )

ザ・コーヴ

育児で忙しいと言いつつ、ちょこちょこ映画を見ています。最近みたこの映画についてちょっと思ったことを。

「ザ・コーヴ」は、和歌山県太地町のイルカ漁を糾弾したアメリカのドキュメンタリーで、アカデミー賞を受賞した作品です。いま多分映画館で上映されていると思います。右翼がらみの人たちが上映反対運動?嫌がらせ?圧力かけ?をしたので、一時上映が危ぶまれたけど、なんとか少数の劇場が上映するに至ったようです。(私はDがダウンロードしたのを見たのですが。)

で、感想は...なんというか、説得力のない映画だな〜と感じました。
なんかね、一方的なんです。
ドキュメンタリーって、双方の主張を聞いてこそ、事実が見えて問題点も浮き彫りになると思うのですが、この映画は「イルカを殺すなんてかわいそう、ひどい」という主張に終始しているだけ。漁師たちとの話し合いの場が一切ないので、なぜ太地町の漁師たちがイルカ漁を続けているのか、業界はどうなっているのか、政府はどういう見解なのかという、実際のところが全然わかりませんでした。

捕鯨に関しても、世界が反対する中、日本がそこまで固執するどんな理由があるのか知りたいんですが、それには全くふれられていません。日本人は今はもうそんなにたくさんクジラの肉を食べないのに、国際会議で頑に捕鯨権を主張するのは、どんな業界や圧力団体が影響を及ぼしているからなのか、誰が黒幕なのかというようなからくりを知りたいし、それを暴露するのがドキュメンタリーの力だと思うのですが。

でも、良いところもありました。
イルカ肉が水銀汚染されているので食べるのは非常に危険にもかかわらず、市場に出回っているという事実を暴露したことや、太地町の学校給食に使用されるところだったのを、この映画関係者のインタビューがきっかけでそれが撤回されたことは、とても意義あることだと思います。

この映画を見て、太地町の漁師=日本人そのものが悪者にされた感を抱く人は多いかもしれないけど、それでこの映画が嫌いというのはあまりにも短絡的なので、もっとつっこんだ議論のきっかけになればいいなーと思います。

それにしても、イルカは賢い動物だから殺すのはいけないっていう、その論理がちょっと個人的にわかりません。だったら他の動物はどうなの〜?どこで誰がラインを引くの〜?彼らはステーキとか毎週食べてるような気がするんですけどね。牛はいいんだ〜。

人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2010-07-25 19:28 | 映画&音楽&本

キング・コーン

「King Corn」というおもしろいドキュメンタリー映画を見ました。

アメリカ人の大学生2人が、自分たちの生活にコーン(とうもろこし)が密着に関わっているという事実を知って、どんなふうに栽培され、どんな用途に使われているのか、その実態を追うというものです。

自分たちの髪の毛からコーンが検出されて、自分の身体がコーンでできているという事実にまずびっくりの2人。

コーンそのものを食べなくても、コーンは食品のいたるところに使われているんですね。例えばハンバーガーのビーフは、コーンを飼料として育てられた牛だし、フライドポテトの油はコーン油だし、甘い飲み物に使われている糖分は高果糖コーンシロップ(high-fructose corn syrup)だし。日本ではブドウ糖果糖液糖って表示されてることが多いかな?

それって何か問題なの?って話ですが、例えば、牧草で自然にではなく狭い牛舎でコーンだけで早く育てられた牛は病気になりやすく、肉自体の脂肪も多く、結果として私たちは品質の悪い肉を食べることになってしまうんですよね。高果糖コーンシロップは糖尿病になりやすい原因だし。

1970年代初めのアメリカで、農産物の大量生産が激励されたせいで、農業はコスト削減のため家族経営から大規模ビジネスへと変わってしまい、化学肥料や遺伝子組換え種によってさらに安価で効率のよいコーンが至る所で作られるようになったそうです。そしてそのコーンはほとんどが食用には適さない飼料用かエタノール燃料用。農業に携わってる人たちも、「良いものを作るんじゃなくて売れるものを作るだけだ」って半ば自嘲ぎみに話してました。

風にゆれるコーン畑ってイメージ的にきれいだけど、実際は大規模な農薬産業やファーストフード産業や食品産業という企業の成長を助けているだけなんですね。

当時の農業政策を指揮した大臣は今でも、「食料が安く手に入るというのは素晴らしいことだ」と言ってましたが...。確かに価格だけみればそうかもしれないけど、スーパーで手に入る食料をいちいち吟味することなく買っている一般人って、身体に有害なものを食べさせられているという意識のない私たちって、とっても不幸じゃないですか!

一般の消費者である私たちは、もっと実態を知り、取捨選択の行動を起こしていかないとダメだな〜とほんと思いました。

ちなみに、うちの近所の大手スーパーでは近郊農産物の取り扱いがまだまだ少ないのが不満。ブラジル産の肉とかありえない安さで売ってるけど、ちょっと怖いです。引っ越す前の家の近所のスーパーは、地元密着型で新鮮で安くていいもの売ってたのになあ。

人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2010-02-05 16:31 | 映画&音楽&本

アディソンにハマり中

f0114831_21315392.jpg

最近、「グレイズ・アナトミー」にハマってます。今、シーズン3の途中です。

久々の海外ドラマかも。やっぱり、恋愛+人間ドラマが好きなんだなー、自分。「ER」みたいに緻密なプロットではないし、登場人物に共感できないことも多いんだけど、なぜかハマって行くのです...。

中でも特に私のお気に入りは、アディソン。美女だけどキュートなところもあって、正義感強く、自分の非を認められる、姉御肌で心優しき人間味あふれるキャラで、観るたびに惚れるよぅ。Dはイジー派なのですが、私は絶対にアディ。

アディソンにはやっぱりイケメン俳優が似合うでしょう、というわけで、マークかアレックスとくっついてほしかったのですが、無理だったようなので、スピン・オフのドラマ「プライベート・プラクティス」に期待します。← Dに、ネットで見れるように探してもらおう。

人気blogランキングへ
[PR]
by spiral103 | 2008-08-28 21:23 | 映画&音楽&本

six feet under

海外ドラマ、好きです。たぶん、好きになった元祖ドラマは、「大草原の小さな家」。

アメリカのドラマって、何シーズンも回を重ねて、だんだんネタがつきてつまらなくなっちゃう場合が多いけど、それでも一番おもしろい時期のドラマはとってもおもしろいと思います。テンポあるし。

「ビバリー・ヒルズ高校白書」、「アリーmyラブ」、「ER」、「フレンズ」、「ダーマとグレッグ」、「フェリシティの青春」、「サード・ウォッチ」、「セックス・アンド・ザ・シティ」、「ザ・ソプラノズ」、「ドーソンズ・クリーク」、「デスパレートな妻たち」、「24」、「ロスト」、「グレイズ・アナトミー」は、よく見てました。あと、ちょっとしか見たことないけどおもしろそうだなーと思ったのが、「プラクティス」、「隣のサインフェルド」。流行ってるけど見たことないのが「プリズン・ブレイク」。それにイギリスのドラマでは、「ザ・オフィス」と「リトル・ブリテン」がお気に入りです。

ところで、Dもドラマが大好きでよくダウンロードして見てるのですが、彼の最近のマイ・ブームは、「ヒーロー」と「Six feet under」です。←この「Six feet under」は、私も見始めたのですが、なかなかおもしろい!家族でやっている小さな葬儀屋さんが舞台のドラマで、人間の生と死について、時にブラックに時にペーソスあふれるタッチで鋭く描写されるのですが、でも根底には人間への愛情があるよくできたドラマです。映画「アメリカン・ビューティー」の脚本家だか製作者だかが作ってるらしいです。

もっともっと、日本に海外ドラマが入ってくればいいのにな~。皆様も機会があればぜひ見てください!(でもDVDとか、出てないかも^^;)

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2008-01-18 01:33 | 映画&音楽&本

once ダブリンの街角で

とてもいい映画を観ました!「once ダブリンの街角で」。

歌うたいの男が移民の少女に出会い、音楽を通じて心を通わせ、時を共有していく様子が、みずみずしく描かれていて感動しました。情熱をもって何かをするとき、人はものすごいパワーを発揮するし、なんとも魅力的なんですね。

登場人物の名前は最後まで語られず、エンドロールでも「男」、「女」だったのが印象的でした。「once」というタイトルからも、普遍的な物語なのだというメッセージが込められているのかなあと、ちょっと思ったりして。今日も街角で、そんな人と人との関わりあいが生まれているのかもと考えると、気持ちが和みます。

友達がサントラを買ったので、さっそく借りて聞いています。(^-^)

f0114831_20422627.jpg


人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-11-17 20:39 | 映画&音楽&本

善き人のためのソナタ

久しぶりに胸の熱くなる映画を観た。

ベルリン崩壊前の旧東ドイツの物語。国民が国家に怯えながら暮らすことがどんなに理不尽で悲しく、憤りを感じることなのかを、この映画は淡々と、でもずっしりと強く心に訴えかけてくる。

運命に翻弄される小さな人間のドラマが、寒々とした空の下で、妙に澄んだ映像で語られる。

ただ暗い、気の重くなるような映画ではない。ブラックユーモアも散りばめられたこの作品には、私たちに世の中や人生について真摯に考えさせてくれるような、力強さと人間への希望がある。

こういう映画が作られることに対するうれしさと、こういう映画を観られることに対する感謝の気持ちを感じずにはいられない。

DVDジャケットを見て「暗そーな映画だなぁ」と敬遠することなく、多くの人に観てもらいたい1本です。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-11-11 12:10 | 映画&音楽&本

ハリーよ、どうなる

今日、Dが読み終えたハリーポッター最終巻を持って、うちにやってきた。

私は本は1作目を読んだだけで、映画もDVDで見たことはあるけど、特にハリポタのファンではない。でも先週末、ハリポタ大好きなDと一緒に今公開されてる5作目の映画を見に行ったら、これがけっこうおもしろかったので、原作でも読んでみるかという気になったのです。←最終巻だけね。

しっかしこの最終巻である7作目は、超分厚い。5センチくらいある。通勤の友にするには重すぎるな~。

Dは、こないだの旅行にもこの本を持ってきてて、電車の中で読んでたのですが、車内のトイレにも持って入るほど。←バカ
で、何度もドアをノックされて、しょうがなく出たら、そんな分厚い本を持ってたのがバレて、相手にギロっとにらまれたらしい。あたりまえだっちゅーの!

というわけで、何日かかるかわからないけど、読んでみまーす。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-08-02 23:35 | 映画&音楽&本

ブラッド・ダイヤモンド

すごい映画だった。個人的には、ここ数年みた映画の中でトップ5に入る素晴らしい脚本だと思った。アクション、恋愛、ドラマのどの側面も上質に描かれていて、さらに強烈な社会的メッセージを持ちながらも、決して押し付けがましくない。

レオナルド・ディカプリオは、この映画でやっと「タイタニック」を超えたと思う。男臭い大人の男を演じられるようになったんだなあ。

私は彼のファンでも何でもないけれど、この映画の彼には惚れてしまった。

この「ブラッド・ダイヤモンド」は、ただいまロードショー中なんだけども、Dがネットでダウンロードしたので、Dの家で観た。もちろん日本語字幕はないので、ディカプリオの強烈なアフリカン英語のアクセントを聞き取るのは一苦労。で、途中で一時停止をしてDがいろいろ説明してくれた。

おもしろいなと思ったのは、ディカプリオや大佐が使う「TIA」という単語。これは、「This is Africa」の略だそうで、不条理な物事が横行しているアフリカで、悪事を黙認するときに「これがアフリカの現実さ」みたいに、自分達を皮肉って表現する単語だそう。

Dが数年前にタイに住んでいる友達を訪ねたときに、その友達が「TIT」という言葉を使っていたそう。それは「This is Thailand」の意味で、薬品会社で働いていたその友達は、薬品の密輸か何かキナ臭いことをしていたようで、「これがタイさ」とよく言ってたらしい。

アフリカの社会情勢にうとい私は、Dのいろいろな説明がなかったらこの映画のストーリーについて行けなかったかもしれない。恥ずかしい。日本語字幕は、そのへんのところ、きちんと説明できているのだろーか...?

とにかく、この映画をみて、私たち消費者は開かれた目を持たなければならないんだと強く思った。平気で殺戮を繰り広げる大企業を許してはならないのだから。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-04-30 00:10 | 映画&音楽&本

小さな演奏会

下北沢にあるオーガニック食材を使った自然食レストランで、ある演奏会があった。

友達の友達が出るということで、アマチュアのライブだろうと全然期待しないで行ったら、これがとってもステキだった!お店は満席で立ち見状態だったし。

音楽のジャンルは、Dに言わせると「ワールド・ミュージック」。沖縄系の音楽(元ちさとに似た美声のボーカル)あり、クラシックな要素あり、フォークとJポップの混ざったような曲あり、インド系あり....。

楽器がこれまた不思議で、ピアノ、ビオラ、ギター、三味線、南国系の打楽器各種、インドのシタールあり。シタールって初めて生で聴いたけど、トランス状態になれる不思議な楽器ですね。


ところで、演奏していたメンバーは人の良さそうな若者たちで、場の雰囲気を和ませていた。服装も、麻やコットン素材のラフだけどオシャレなのを着ていて、彼らの音楽に合ってていい感じ。下北ちっくなんだけどエッジイな感じではなく、和風でもなくインドインドしてないアジアンな感じ。←形容がむつかしい(^^;)

昔はよく来たけど最近ごぶさたの下北沢。また近いうちに散策しようっと。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-03-11 20:05 | 映画&音楽&本
f0114831_15122476.jpg私の中で、今年のベスト3に入ることすでに確実!なステキな映画「リトル・ミス・サンシャイン」を観ました。

美少女コンテストの決勝大会に出る娘のために、家族総出でカリフォルニアへ向かうというロードムービーなのですが、これがとにかくおもしろいんです。一癖も二癖もある家族たちが生み出す不協和音。リアルで、ブラックな笑いあり、切ない挫折あり、私は涙が出て仕方ありませんでした。大笑いして泣いているのか、切なくて泣いているのか、自分でもわからず。

とにかく、すごくよくできた映画です。でか丸メガネをかけた娘のオリーブが、これまたとびっきりキュート。DVDでたら即買いです。

人気blogランキングへ←ポチッと
[PR]
by spiral103 | 2007-01-21 15:29 | 映画&音楽&本